美依プラス整骨院&b-plus-fitness

PAGE TOP

スポーツ障害・外傷

~怪我からリハビリまでをサポートします!~

こんなことでお悩みではありませんか?

  • オスグッドやジャンパー膝、野球肘などのスポーツ障害で悩んでいる
  • 捻挫・肉離れなど急な怪我をしてしまった
  • 試合が近い中で怪我をしてしまった
  • スポーツのパフォーマンスを向上させたい

なぜ、スポーツ障害が起こるのか?

シンスプリント
ランナーに多く見られ、スネの内側に痛みが出る。運動中は痛く、運動をやめると痛みはおさまる。
ランナー膝
ランニングで発生し、太もも外側が炎症を起こし、膝痛を生じる。
野球肘・テニス肘
ほとんどの場合、オーバーユースが原因。正式名称は外側上顆炎といい、痺れを伴う場合がある。
オスグッドシュラッター病
膝下(脛骨粗面)が痛む。激しい運動を行っている10代に多い。
ジャンパー膝
膝蓋骨の上下のどちらかに痛みが出る。ジャンプの動作の時に傷むのが特徴。

スポーツ障害には、シンスプリント・ランナー膝・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝などさまざまな
種類がありますが、ほとんどの場合は、運動のし過ぎによる過度の負担(オーバーユース)が原因です。
しかし、スポーツが好きな方ほど身体に負担を掛ける機会は多く、なかなか症状が改善しないと悩んでいらっしゃる方も多いでしょう。
オーバーユースの他にも、スポーツの中では負担のかかる身体の使い方を強いられることが多く、身体のバランスが崩れてきます。
その状態での運動は身体への負担が大きくなり、怪我もしやすくなります。
また、痛めた場所をそのままにして運動を続けると、痛めた場所をかばって身体のバランスを崩し、症状を悪化させてしまったり、ケガや故障が癖づいてしまうことにも繋がります。
ケガや故障をしないカラダを作っていくことが大切です。

スポーツ障害が改善しない・悪化する理由

怪我やスポーツ障害の際には、一般的に痛み止めや湿布などを行うことが多いと思います。
しかし、怪我をしてしまった原因や、怪我をしない体の使い方を覚えていかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにもなります。
よく、「捻挫が癖づいてしまっている」「肘・肩に不安を抱えながら投げている」「膝の痛みと付き合いながら練習している」といった悩みも多く伺います。
また、捻挫・肉離れ・打撲・シンスプリント・ランナー膝・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝など、
怪我や障害の種類によって最適な対処方法は変わります。
また、一時的に対処するだけではなく、体の使い方(例えば投球フォームや、トレーニングフォーム、練習方法、姿勢)などを変えていく事の方が重要です。
当院ではトレーニングマシンがあり適切な指導の下、必要な筋肉の強化をすることができます。
痛みの緩和からパフォーマンスの向上までをお手伝いすることができます。
スポーツを長く楽しむためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我しずらい体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

美依プラス整骨院のスポーツ障害・外傷施術法は?

痛みを早期緩和した次は、今後怪我やスポーツ障害を起こさない
ように痛みの根本原因にアプローチしていきます。
怪我や痛みが緩和しても、そもそも悪い体の使い方のままスポーツを継続すると、同じように負担がかかり、また怪我をしてしまう
ことにもつながります。
そのため、痛みが緩和した後には、フィットネスジムでのトレー
ニングにより骨格・姿勢の改善と、筋肉の使い方の指導を行って
いきます。
さらに、ジムでの筋力強化によりパフォーマンスの向上も目指します。
スポーツでの動作、筋肉の使い方、痛みづらい体の使い方なども
アドバイスさせて頂いています。
患者様からは、痛みが緩和しただけではなく、「以前より体が動かしやすくなった!」「痛みがなくスポーツに専念できた!」といったお声も頂いています。
競技人生を長く楽しめるように、怪我や痛みにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

スポーツ障害・外傷
  • 試合が近いが、怪我してしまった
  • 何度も同じ箇所を怪我してしまう
  • 捻挫・肉離れなどを起こしやすい
  • 肘や膝など関節が痛く力が発揮できない
  • 練習中も痛みを我慢している
  • 記録を伸ばしたい、パフォーマンスをアップさせたい
  • 痛み止めや湿布だけで改善しない
  • 体の使い方について信頼できる人のアドバイスを受けたい

といった方、お電話お待ちしております。