美依プラス整骨院&b-plus-fitness

PAGE TOP

坐骨神経痛

~痛み止めや湿布で痛みの変化がない方へ~

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 腰・お尻から足にかけて、痛み・しびれがある
  • 体重をかけると立っていられない
  • 足だけではなく、腰も痛い
  • 安静にしていても、痛みがあり動けない・眠れない
  • 歩くとだんだん痛みで歩けなくなる

坐骨神経痛はなぜ起こる?

坐骨神経とは、腰からお尻を通って足先に走る太い神経です。
何らかの原因で坐骨神経が障害され、腰から脚に痛みやしびれが出ている状態を坐骨神経痛と言います。
原因となる病気では「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」が代表的です。
このような病気が原因となるもの以外にも、同じ姿勢が長時間続くことや、繰り返される動作は腰や臀部の筋肉に大きな負担になります。
腰や臀部の筋肉に負担が掛り続けることで、筋緊張により坐骨神経が圧迫され、しびれや痛みが出ることがあります。
坐骨神経痛は症状の名前であって、病名ではありません。
坐骨神経痛の原因は一つでなく、複合的になっている場合が多く、患者様1人1人によって症状も原因も異なりますので、症状を見極めて、痛みの原因にアプローチすることが大切です。

坐骨神経痛が改善しない・悪化する理由

  • 繰り返しの動作や同じ姿勢が続くことの多い日常生活
  • 姿勢が悪く、偏った身体の使い方をしている
  • 痛みやストレスによって筋肉が緊張しやすい
  • 身体を支える筋力の不足・・・等があります

一般的坐骨神経痛の治療は、対症的なマッサージ・湿布・痛み止めなどが中心です。

しかし、痛みを感じている部分の筋肉は反射で固くなり、血行が悪くなっていきます。
血行が悪くなると、筋肉のエネルギー不足により、危険信号として「痛み」を発します。
痛みによってさらに緊張が強くなってしまいます。

坐骨神経痛が改善しない・悪化する理由

このような悪循環が成り立ってしまっていると、坐骨神経への障害が無くならないだけではなく、二次的、三次的に筋肉自体の痛みが出てきてしまいます。
そうならないためにも早めの治療をおススメします。

美依プラス整骨院の坐骨神経痛施術法は?

坐骨神経の様々な原因にアプローチしていきます!

施術はまず、第一に患者様の状態がどのような状態なのかを確認
させていただき、痛みの早期緩和を目指します。

痛みが出ている部分だけではなく、痛みの原因となっている部分を
丁寧に探り、筋肉に対するPNF療法、温熱療法や電気療法などの
物理療法を組み合わせて坐骨神経痛にアプローチしていきます。

痛みの早期緩和の次は痛みの根本的な原因にアプローチしていきます。
痛みが緩和しても、悪い姿勢や骨格の歪みがある場合はしばらくすると痛みが戻ってしまいます。
坐骨神経痛の場合、腰・骨盤周りの筋肉の緊張が強く、骨格に歪みが生じている場合が多くみられます。
骨格・姿勢の改善には、身体の土台である骨盤の矯正治療を行います。

その後再発していかないために、フィットネスでのトレーニングで
下半身の必要な筋肉をつけていくことで痛みの出ない体づくりをしていきます。
さらに、なぜ骨盤や背骨が支えきれず歪みが生じ、坐骨神経痛が
起きてしまったのかを患者様の姿勢や日常生活動作から判断し、
弱っている筋肉の強化と動きの悪い関節を動かす訓練をフィット
ネスジムを併用することで根本改善につながります。
腰や骨盤まわりの筋肉や関節は仕事や日常の生活の中で疲労し、
固くなりやすくなっているので、ご自宅で行っていただけるスト
レッチや体操もしっかりとお伝えさせていただきます。
坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

坐骨神経痛
  • 薬や湿布で坐骨神経痛がよくならない
  • 整体やマッサージに行っても坐骨神経痛が改善しない
  • 坐骨神経痛はどこに行けば治るのか分からない
  • 家でできるストレッチを教えてほしい

といった方、お電話お待ちしております。